ボクシング - スポーツニュース。。。主に格闘技! 忍者ブログ

K-1やボクシングなど格闘技系の話題を中心にお届け。ほかにも野球・サッカーなど気になるスポーツニュースを紹介!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

長谷川2階級制覇!亡き母に捧げる復活星

長谷川2階級制覇!亡き母に捧げる復活星

 「WBC世界フェザー級王座決定戦」(26日、名古屋市ガイシプラザ)
 オカン、見てくれたか‐。WBCフェザー級王座決定戦で、同級2位の長谷川穂積(29)=真正=が、同級1位のフアンカルロス・ブルゴス(メキシコ)に3‐0の大差で判定勝ちした。WBCバンタム級に続き、国内初となる2階級上げての2階級制覇を達成。10月24日にがんで亡くなった母・裕美子さん(享年55)の遺影がリングサイドで見守る中、強い長谷川が帰ってきた。
  ◇  ◇
 一歩も下がるわけにはいかなかった。体格で上回るブルゴスの圧力を、がむしゃらなパンチで押し返した。天国で観戦する裕美子さんに「強い息子」を見せるため、長谷川は歯を食いしばって前へ、前へと足を進めた。
 「強い気持ちを見せたかった。母がいれば、勝てば何でもいいが、今日は(母が)安心できる試合をしたかった」
 スピードで圧倒するのは簡単だったはずだ。あえて足を止め、相手の強打に、強打で応戦した。7回にブルゴスの左アッパーをアゴに食らい、腰を落として後方によろめいた。それでも逃げることなくリング中央で迎え撃ち、連打を繰り出し、逆に後退させた。
 最後まで正面から打ち合い、大差判定で日本人初の“飛び級”2階級制覇を達成した。勝者コールを受けた長谷川は、腫れあがった顔をくしゃくしゃにして天国の母に呼び掛けた。
 「おかん、やったよ。おかんの好きな、きれいなボクシングはできへんかったけど、今日は勝ったことで満足して」‐。
 再起戦を1カ月後に控えた10月24日、最愛の母が亡くなった。裕美子さんは息子に、日記で最後のメッセージを送った。「穂積のボクシングが大好き。早く試合が見たいな。本物のボクシングで、たくさんの人を感動させて」。「もし命と変えられるなら、あの子に光を与えてください。私なんかどうでもいいから、あの子にチャンスをください」‐。
 この内容を放送した日本テレビのドキュメント番組を、試合前の控室で初めて見た。「ボロボロ泣いちゃって、目が腫れてしまった。でも、逆に気持ちは強くなった」。母の願い通り“本物のボクシング”で王座に返り咲いた。長谷川がパンチを振るうたび、地鳴りのような歓声が上がった。思いのこもったボクシングで、すべての観客の心をも震わせた。
 「2階級制覇はおまけ。今日は勝ったことがすべて」と、再び手にしたWBCベルトをいとおしそうに胸に抱いた。今後も戦いは続く。フェザー級は強豪ぞろいだ。「そこに食い込んでいきたい。今は一番低いところにいるが、もっと強くなって…」。長谷川穂積の「第2章」が幕を開けた。

PR

長谷川穂積、対戦相手から“ニワトリ呼ばわり”

長谷川、対戦相手から“ニワトリ呼ばわり”

 「WBC世界フェザー級王座決定戦」(26日、日本ガイシプラザ)
 WBC世界バンタム級前王者の長谷川穂積(真正)が、対戦相手のブルゴス(メキシコ)から“ニワトリ呼ばわり”された。両者は22日、名古屋市内で公開練習を行い、ブルゴスが「バンタム級とフェザー級ではニワトリとクマぐらい違う。6ラウンドまでに試合は終わる」とKO宣言。それを聞いた長谷川は6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)を例に出し、「パッキャオが体重差は関係ないと証明している。日本ではまず自分が証明する」と“和製パッキャオ”になることを誓った。
  ◇  ◇
 長谷川なんかチキン野郎だ!!日本が誇るV10王者を、ブルゴスが痛烈にこき下ろした。最初は「長谷川はとても偉大なボクサー。とてもリスペクトしている。もしも勝つことができたら素晴らしいこと」と殊勝に話していたが、徐々に“本音”を爆発させた。
 「バンタムとフェザーではニワトリとクマぐらい違う。長谷川は軽量級」と見下し、「2階級上げてニワトリではなくなったかもしれないが、それでもわたしのクラスではない」とバッサリ。「警戒するのはカウンター。パンチ力のない人がよくカウンターを狙うから注意しないと」と言いたい放題で「6ラウンドまでには試合が終わる」と、KO宣言まで口にした。
 ブルゴスの「ニワトリ」発言を伝え聞いた長谷川は、カチンときた様子で「そんなことしか言うことないんでしょう」と応戦。6階級制覇王者のパッキャオを例に出し、「体重差は関係ないと証明している。勝った方が強いということ」と語気を強めた。
 パッキャオは13日に米国で行われたWBC世界Sウエルター級王座決定戦で、1階級下の体重で計量をパスしながら、スピードで対戦相手を圧倒。試合をテレビ観戦したという長谷川は、「自分の長所を生かすことが大事なんだな」と“飛び級”2階級制覇へのヒントを得た。「今のボクシング界は上の(階級の)選手を倒す流れ。日本ではまず自分が証明したい」と、パッキャオに続くことを誓った。
 公開練習ではシャドーやミット打ちなどを行い、順調な仕上がりを披露した。減量苦から解放された長谷川が、「ニワトリ」ではないことを証明する。

西岡利晃、公開計量に「テンション上がる」

西岡、公開計量に「テンション上がる」

 「WBC世界Sバンタム級タイトルマッチ」(24日、両国国技館)
 計量が23日、東京・六本木の東京ミッドタウンで行われ、王者・西岡がリミットを500グラム下回る54・8キロでパスした。ボクシングでは異例の屋外で行われた公開計量には約400人のファンが詰めかけた。初の公開計量に臨んだ西岡は「テンションが上がる」とV5達成を宣言。一方の挑戦者ムンローは54・5キロでパスし、WBAライトフライ級暫定王座決定戦に出場する2選手もともに1回で通過した。
  ◇  ◇
 約400人の観衆が見守る中、真っ赤なトランクスをはいた西岡が計量に臨んだ。体重はリミットを500グラム下回る54・8キロ。西岡はまるで勝利を確信したかのように、満面の笑みを浮かべながら両腕を突き上げた。特設会場では、王者に向けて「西岡!西岡!」の大歓声が巻き起こり、お祭り騒ぎだった。
 初の屋外での公開計量に、いつもはクールな男が珍しく感情をあらわにした。「(公開計量は)良かったですね。テンションが上がります。いつもは計量は事務的なものだけど、今日は気持ちが盛り上がった。うれしい」。決戦を翌日に控え、終始笑顔を絶やさずリラックスムードいっぱいだった。
 54・8キロは、これまでの防衛戦の中で最軽量だ。過去4度の防衛戦では、すべて55キロ台でクリアしている。今回は減量が順調で、最後まで無理なく体重を落とすことができた。「ここまで万全の状態です。体調は最高です」。特設会場の壇上から、詰めかけたファンに向かって絶好調をアピールした。

長谷川2階級制覇へ25戦全勝男と対戦!…11・26WBC世界フェザー級王座決定戦

長谷川2階級制覇へ25戦全勝男と対戦!…11・26WBC世界フェザー級王座決定戦
スポーツ報知 - 2010/9/16 8:01

 プロボクシング前WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積(29)=真正=が11月26日にWBC世界フェザー級王座決定戦で2階級制覇に挑むことが15日、分かった。真正ジムの山下正人会長(48)が明かした。相手は25戦全勝の同級1位フアンカルロス・ブルゴス(22)=メキシコ=。既に同級2位にランク入りしている長谷川だが、4月のバンタム級王座陥落後7か月ぶりの再起戦は、いきなりクラスを2階級上げての世界戦となる。

 長谷川が再起即世界戦、しかも未知の階級での2階級制覇に打って出る。この日、神戸市内の所属ジムで朗報を聞き「これ以上、モンティエルにこだわっていても仕方ない。僕は前に進んでさらに上を目指す」と言い切った。

 山下会長は「今日、WBCからフェザー級王座決定戦出場の通達が正式に届いた」と話した。陣営は4月に王座を奪われたWBC世界バンタム級王者フェルナンド・モンティエル(メキシコ)との再戦を目指していたが、8月末に交渉が決裂。転級申請を行い、11日発表のWBCランキングで長谷川はフェザー級2位にランクされた。

 現フェザー級王者エリオ・ロハス(ドミニカ共和国)は昨年7月に粟生隆寛(帝拳)から王座を奪取し、今年2月に初防衛に成功。7月の練習中に右肩を負傷し、9月に予定していたWBA王者ユリオルキス・ガンボア(キューバ)との統一戦をキャンセルした。長期離脱が避けられず、2度目の防衛戦ができないため、WBCが「休暇王者」に認め、同時に空位になった正規王座を争う決定戦を設定した。

 対戦相手のブルゴスは25戦全勝のホープ。世界戦の経験こそないが、攻守のバランスがあり、かつKO率7割超のハードパンチャー。試合は名古屋でWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチに出場する粟生とのダブル世界戦として行われる。

 長谷川は練習後、携帯電話のサイトで見つけたブルゴスの試合の動画を見入っていた。「まだ相手の特徴は分からない。世界戦は12試合も経験してるし今から焦らなくてもいいでしょ」と静かに闘志を燃やす。かつてのV10王者が新たな挑戦に踏み出す。

 ◆フアンカルロス・ブルゴス 1987年12月26日、メキシコ生まれ。22歳。04年12月にプロデビュー(初回KO勝ち)。06年10月、WBC米大陸フェザー級暫定王座獲得。09年2月にWBCカリブ連盟フェザー級王座獲得(防衛2回)。戦績は25戦全勝(18KO)。身長173センチの右ボクサーファイター。

 ◆WBCの休暇王者 正規王者が戦線復帰まで半年間を超える故障を抱えた場合にWBCが認定する制度。休暇王者が認められると、WBCはランク上位者同士による王座決定戦を行い、正規王者を決める。休暇王者には復帰後の正規王者への挑戦権が優先的に与えられる。WBAにも同様の制度がある。

 ◆長谷川が挑む記録 日本人選手の2階級制覇は過去に6人いるが、王座陥落後の再起戦で2階級制覇をかけた世界戦を行い、成功したケースは畑山隆則(横浜光、スーパーフェザー、ライト)ただ1人。長谷川が勝てば2例目となる。また、長谷川はこれまでのバンタムからスーパーバンタムを飛び越えフェザー級での2階級制覇挑戦となり、1階級またいだ飛び級での2階級制覇に成功した選手は過去に例がない。

野中が判定勝ち!世界ランク入り濃厚

野中が判定勝ち!世界ランク入り濃厚

 「デイリー後援・プロボクシングSウエルター級10回戦」(12日、IMPホール)
 元東洋太平洋&日本Sウエルター級王者・野中悠樹(尼崎)がWBO世界同級7位のドミトリー・ニクーリン(ウクライナ)を3ー0の判定で破り、世界ランク入りを濃厚とした。
 21戦全勝(8KO)の強豪を迎えた野中は序盤から左ショートカウンターを効果的に使い、ペースを支配。7回に野中がホールディング、10回にニクーリンがラビットパンチで減点されるなど試合後半はかみ合わない場面も続いたが、流れを手放すことなく最終回のゴングを聞いた。スコアは95ー94、98ー95、98ー93。
 昨年11月の2冠防衛戦での失敗からの再起戦で結果を出した野中は「この試合のためにすべてをかけてやってきた。もうボクシングができないと思った時もあったけど、力になってくれた人みんなに感謝します」とリングで号泣。日本未公認のWBOながら世界ランク上位の相手に勝利したことでWBA、WBCでもランク入りが見えてくる。「世界を視野に入れていきたい」と次戦での世界挑戦を熱望した。陣営の小島祥一会長は王座戦の動向が流動的ながらWBA王座を最優先に交渉を進めていく方針を示した。

  1    2    3    4    5    6  

スポーツ

スポーツ情報

ブログランキング

BS blog Ranking
にほんブログ村 格闘技ブログ 総合格闘技へ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ 人気ブログランキング ブログ王 ブログランキング ブログランキング

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

ログール

ソーシャルブックマーク

カウンター

ページランク

フィードメーター - スポーツニュース。。。主に格闘技!

  • seo

バーコード

おすすめ格闘技情報

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

ボクシング

K-1&総合格闘技

amazon

忍者ブログ

[PR]

TemplateDesign by KARMA