格闘技 - スポーツニュース。。。主に格闘技! 忍者ブログ

K-1やボクシングなど格闘技系の話題を中心にお届け。ほかにも野球・サッカーなど気になるスポーツニュースを紹介!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自演乙、右ひざ一撃!番狂わせ「ありえへん」…◆Dynamite!!

自演乙、右ひざ一撃!番狂わせ「ありえへん」…◆Dynamite!!
スポーツ報知 - 2011/1/1 8:00

 ◆Dynamite!! ○長島☆自演乙☆雄一郎(2回4秒 KO)青木真也●(31日・さいたまスーパーアリーナ) 長島☆自演乙☆雄一郎(26)=魁塾=が青木真也(27)=パラエストラ東京=をKOした。

 大番狂わせをK―1MAX日本王者が起こした。自ら「どう考えても不利」と話していた一戦。2回、開始早々にタックルを狙った青木に右ひざを合わせた。倒れ込んだ相手にパウンドパンチを浴びせると、レフェリーストップ。失神KOでの勝利に「ありえへんでしょ? ひざは狙っていた。総合ルールでは勝てるわけがない」とまさかの勝利に興奮を隠せなかった。

 この試合は、1回がキックルール、2回は総合格闘技DREAMルール。長島の勝機はキックルールでの1回だった。だが、首相撲や意表を突く跳び蹴りで時間を稼がれ、何もできずに終わった。これには「正直(勝ちは)ないなと思った」と気持ちが切れかけたが「勝つにはこれしかない」と練習してきたひざが最後は決め手となった。

 今年を最高の形で終え、来年の目標を問われると「K―1MAXの世界チャンピオンになる」。アニメ「ミルキィホームズ」の姿で登場したコスプレファイターが、力強く語った。

PR

日本人ファイター初優勝へ、京太郎が打倒シュルトを誓う=K-1

日本人ファイター初優勝へ、京太郎が打倒シュルトを誓う=K-1


 2010年の世界最強を決める「K-1 WORLD GP 2010 FINAL」(11日、東京・有明コロシアム)準々決勝でセーム・シュルトと対戦する京太郎が7日、東京都内のジムで公開練習を行った。
 京太郎の遅刻で30分遅れて始まった練習では、シャドーで体を温めた後、2分2ラウンドのミット打ちを行い、軽快な動きで調子の良さを見せた。

 ピーター・アーツ、ジェロム・レ・バンナとK-1のレジェンドに連勝し、日本人ファイターとして初のGP優勝を目指す京太郎は「アーツ戦、バンナ戦に勝てたことで気持ちに余裕が持てるようになった。昨年までは気持ちで弱い自分がいて、ずっと悩んできた。リングに上がるのは怖いけど、自分に勝てた選手だけが上に行けると思うので、日本人ファイターとして、自分のために勝ちたい」と精神的に成長した成果をシュルト戦で証明することを誓った。

 対戦相手は過去4度のGP制覇を誇る優勝候補の筆頭シュルトだが、京太郎は「僕が思っていることができれば会場が沸く。シュルト選手は体格を生かす方法を知り尽くしていて、自分にとって大きな壁になると思いますが、この一戦を乗り越えれば自分も成長するし、いろいろな意味で大きな試合になると思う。小手先の戦いではなく、自分が気持ちで立ち向かうしかない」と強い決意で打倒シュルトを宣言した。

 2年前のアーツvs.シュルト戦の映像を見て「顔面に攻撃を受けてボコボコにされながらも、突っ込んでいく姿勢は本当にすごい」と、アーツの精神力の強さに感心した京太郎は「全部を攻略するのは無理。勝つために立ち向かって前に出ることが大切。シュルト選手が焦るかもしれないし、逃げても勝機は生まれない。自分の得意なことをやって、自分自身の戦いに集中する」と、ひたむきに前へ出続けて勝利をつかみ取る覚悟を見せた。

石井慧“おまんじゅう”次第でGP参戦?

石井慧“おまんじゅう”次第でGP参戦?

 8日のK‐1ワールドMAXで柴田勝頼(30)を破った北京五輪柔道100キロ超級金メダリスト・石井慧(23)が9日、都内で「ねらおうかな」と、K‐1ワールドGP(12月11日・有明コロシアム)参戦をブチ上げた。
 打撃が課題の石井は9月にも1度、ワールドGP参戦を口にしていた。前夜はK‐1側の扱いに立腹、Dynamite!!(12月31日・さいたまSA)回避の意向を示したが、そこはプロ。「自分は好きな物があります。政治家でいう“おまんじゅう”みたいな物。1ダースは欲しい」と、条件次第では出場もやぶさかではないという。
 これを聞いたK‐1の谷川貞治イベントプロデューサーは「すごい“おまんじゅう”を用意します」と約束。ジェロム・レ・バンナとエヴェルトン・テイシェイラを相手候補に挙げていた。

愛川ゆず季、“ゆずポン”負けたけど合格デビュー

“ゆずポン”負けたけど合格デビュー


 「ゆずポン祭」(31日、新木場1st RING)
 女子プロレスに救世主が現れた。グラビアアイドルの愛川ゆず季(27)が、デビュー戦で第一人者の高橋奈苗(31)と激突。冷蔵庫爆弾(ダイビングボディープレス)で圧殺されたものの、新人離れしたファイトで札止めの観客をうならせた。
 100センチのHカップという売り物の「ゆずパイ」に、相手のエルボーでアザができた。芸能人にとって命の顔は、張り手ではれ上がり化粧がはげた。それでも心は折れなかった。
 1発目のゆずポンキック(カカト落とし)でリングアウト寸前に追い込み、2発目でカウント2を奪取。網打ち式原爆固めは完ぺきに投げた。受け身もバックドロップ2連発、フライングソーセージなどをクリア。半年間、家賃が払えなくなるほど芸能の仕事を減らして練習した成果は、高橋を「ホントにデビュー戦かよ!?」と驚かせた。
 事務所に言われたから‐。消極的な志望動機は、「負けてしまってすごく悔しい」と泣く姿からはみじんも感じられなかった。自己採点「80点」は決して甘くはない。
 来年1月には新団体「スターダム」の旗揚げに参加。「最後は内臓が出るかと思った。プロレスの厳しさを体で分かった。“プロレスラー・愛川ゆず季”として頑張っていきます」。ゆずポンが、低迷する女子プロレスの一筋の光となる。 

初代タイガー創始「武道 掣圏」がベールを脱ぐ、新武道が誕生

初代タイガー創始「武道 掣圏」がベールを脱ぐ、新武道が誕生=見どころ

 初代タイガーマスクとして一世を風靡し、総合格闘技・修斗の生みの親でもある佐山サトルが「武道 掣圏」と名づけた新たな武道を立ち上げる。
 試合はロープのない八角形のリングで行われ、コスチュームとして袴(はかま)とオープンフィンガーグローブを着用。
 KO・一本による決着のほか、対戦相手の場外への押し出しと制圧(3秒以上の抑え込み)にポイントが与えられ、これを2ポイント先取することでも勝利となる。
 会場に設置される八角形のリング、そしてその上で行われる戦いはいかなる世界を描き出すのか。

 かつてアルティメットボクシングなどで、“倒されずに戦う、倒されたら立つ”という現在の総合格闘技のあり方を予見していた佐山だけに、「武道 掣圏」でも未来の総合格闘技を先取りした戦いが見られるかしれない。
 誕生から伝説となるのが約束された大会だ。

  1    2    3    4    5    6  

スポーツ

スポーツ情報

ブログランキング

BS blog Ranking
にほんブログ村 格闘技ブログ 総合格闘技へ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ 人気ブログランキング ブログ王 ブログランキング ブログランキング

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

ログール

ソーシャルブックマーク

カウンター

ページランク

フィードメーター - スポーツニュース。。。主に格闘技!

  • seo

バーコード

おすすめ格闘技情報

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ内検索

ボクシング

K-1&総合格闘技

amazon

忍者ブログ

[PR]

TemplateDesign by KARMA