プロ野球 - スポーツニュース。。。主に格闘技! 忍者ブログ

K-1やボクシングなど格闘技系の話題を中心にお届け。ほかにも野球・サッカーなど気になるスポーツニュースを紹介!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<サッカーW杯>「死の組」はDとG

<サッカーW杯>「死の組」はDとG
毎日新聞 - 2009/12/5 10:59

 サッカーの10年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で連覇を狙うイタリアのリッピ監督は抽選会後、「簡単な組など存在しない」と前置きしたうえで「もっともタフなのは、(D組の)ドイツと、(G組の)ブラジルの組だ」と分析した。

 最多6回目の優勝を目指すブラジルは、前回4位のポルトガル、FWドログバを擁するコートジボワールの挑戦を受ける。前回3位のドイツは若手とベテランが高いレベルで融合するが、MFエシエン、ムンタリら個々の能力が高いガーナ、主力が欧州で活躍するオーストラリア、一発があるセルビアがひしめくD組を勝ち抜くのは簡単ではない。

 開催国の南アフリカにとっては、厳しい組み合わせになった。前回準優勝のフランス、過去8強2回のメキシコ、南米のウルグアイと難敵がそろい、開催国の「ノルマ」である1次リーグ突破を成し遂げられるかは微妙だ。94年大会で母国を優勝に導いたブラジル人のパレイラ監督のもと、ホームの利をどこまで生かせるか。

 F組のイタリア、C組のイングランドは恵まれた感がある。予選で苦しんだアルゼンチンは、素材は一級品がそろうだけに、マラドーナ監督がどこまで指導力を発揮できるかがカギになる。
PR

徳光が弔辞「オバマ大統領と君が重なった」

徳光が弔辞「オバマ大統領と君が重なった」


 「三沢光晴さんお別れ会」(4日、ディファ有明)
 三沢さんが全日本に入門した81年から、日本テレビのアナウンサーとして親交があった徳光和夫(68)=現フリー=は弔辞で「私利私欲を考えずプロレス界のため、人のために尽くした人」「ウソをつかない。人の誤りをきちんと正す。私腹を肥やさない」と人柄を紹介。「オバマ大統領のリーダーシップが君と重なりました」と惜しんだ。
 徳光は「(最後に会った)1月下旬の様子は、言えないほど疲れていた」と回想。「死して名を残すのは男としての本懐。男として立派な人生を全うしたんじゃないか」と、故人をしのんだ。
 また、大相撲の富士ケ根親方(元小結大善)らも弔辞を読んだ。

[ デイリースポーツ 2009年7月5日 9:30 ]

西武・涌井、ダルビッシュに雪辱できず

西武・涌井、ダルビッシュに雪辱できず
2009年4月17日(金) 21時52分 サンケイスポーツ


 (パ・リーグ、西武2-4日本ハム、1回戦、日本ハム1勝、17日、西武ドーム)鋭い打球音を聞くたび、エースの表情は厳しさを増す。同い年のダルビッシュとのエース対決に臨んだ西武・涌井が、日本ハム打線につかまった。


 「(ダルビッシュとの対決に)何も思いはないですよ。できればやりたくない相手ですね」

 前日の16日は平静を装っていたが、高ぶる気持ちを抑えきれない様子だった。過去ダルビッシュとの直接対決は3試合で勝ち星なしの2敗と苦しんでいるだけに、雪辱の思いは強い。

 立ち上がりから力みでボールが上ずりがちの涌井。好調日本ハム打線に痛打を浴びた。二回一死一塁から高橋に左越え2号2ランを被弾すると、三回には稲葉、四回には再び高橋に適時打を許した。3イニング連続失点で四回まで4失点。日本のエース相手に、重いハンディを背負ってしまった。

 「今の涌井ならばダルビッシュといい勝負ができる。でも、あいつとやるときはこっちの胃が痛くなるよ。攻略しようがないときがあるからね」

 ベンチの渡辺監督も渋い表情で戦況を見つめたが、ダルビッシュから2点を取るのがやっと。涌井はダルビッシュとの直接対決で、また勝てなかった。

中日・和田、居残り特打195振

 打撃不振にあえぐ中日・和田が10日、落合監督の直接指導の下、195スイングの居残り特打で不振脱出を図った。50分の間、指揮官の指導による中断は17回に及び、独特のオープンスタンスは、ほぼスクエアに変更された。和田は「これだけズレたんだから思い切って違うことをやらなきゃということです。相当悪かったですからね」と話した。(ナゴヤドーム)

By サンスポ

ノムさん「張り合いなくなる。ONに支えられてきたからなあ…」

 ソフトバンクのチームカラーをあしらったダリア、オンシジウム、モカラの黄色い花々。野村監督はその花束を抱え、マウンド方向へ歩み寄った。「また、現場にも顔出してよ」と照れくさそうに花束を手渡し、ラストゲームになった王監督と握手。優しく降る雨を見上げた。「涙雨だな。天も泣いてくれるんだよ」試合には勝ったが、敵将の気持ちを思いやった。

 「張り合いがなくなる。そうだなあ。ONに支えられてきたからなあ。時代の終わりを感じた」巨人の王・長嶋のスーパースターコンビをライバル視してきた。「長嶋や王が大輪の花咲くヒマワリなら、俺は陰に咲く月見草」という言葉はあまりにも有名だ。現役時代からヤクルト、阪神監督時代、そして楽天に至るまで、常に発奮材料だった。そう思って戦い続けてきたからこそ、胸にポッカリと穴があいたようだった。

 「現役時代は『こんちくしょう』と思ってやってきた。向こうはエリート、こっちは貧乏人だから…」いわば心の支えでもあった2人が、第一線を退いた。2001年10月1日、阪神監督として迎えた巨人戦は、長嶋監督が指揮した最後の試合だった。そしてこの日、ノムさんは「N」だけでなく、「O」の去り際も見送ることになった。「何かの因縁だな。俺にはONが常につきまとう」離れられない運命に苦笑いした。

 来季も1年契約ながら指揮を執る。最終戦セレモニーのスピーチでは、「来年は何が何でもAクラス、優勝を目指していきたい」とファンに約束。そしてナインには「来年、すべてをかけた集大成として、引退の花道を飾りたい。この老人に花道を飾らせてくれ」と伝えた。王、長嶋が去ったプロ野球界の現役最年長監督も、来年は野球人生をかけて戦う。

 ◆王監督&野村監督 本塁打でシリーズで数々名勝負
王監督と野村監督のライバル関係は、激しい本塁打争いを演じた現役時代までさかのぼる。1963年、当時、南海の野村は日本記録となる年間52本塁打をマーク。すると、巨人・王は翌64年に55本塁打で新記録を達成した。

 野村は65年から通算本塁打数で歴代1位に立った。だが、王が驚異的なペースでその差を縮め、73年シーズン中に通算563本で並んだ。一気に抜き去るかと思われたが、野村が意地をみせ、抜きつ抜かれつの状態が約20日間続いた。最後は王が振り切り、不滅の大記録、868本塁打へ突き進んだ。この73年は選手兼監督として野村がリーグ優勝に導いた南海と、主砲・王の巨人が日本シリーズで対決。巨人が勝ち、V9を達成した。

 野村は監督として南海、ヤクルト、阪神を指揮し、97年には監督通算1000勝を達成。だが、王監督とは直接対決する機会が少なく、06年に楽天監督に就任してからの3年間でしのぎを削った。

By スポーツ報知
  1    2  

スポーツ

スポーツ情報

ブログランキング

BS blog Ranking
にほんブログ村 格闘技ブログ 総合格闘技へ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ 人気ブログランキング ブログ王 ブログランキング ブログランキング

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

ログール

ソーシャルブックマーク

カウンター

ページランク

フィードメーター - スポーツニュース。。。主に格闘技!

  • seo

バーコード

おすすめ格闘技情報

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

ボクシング

K-1&総合格闘技

amazon

忍者ブログ

[PR]

TemplateDesign by KARMA