亀田の負け!具志堅氏断言、序盤KOも - スポーツニュース。。。主に格闘技! 忍者ブログ

K-1やボクシングなど格闘技系の話題を中心にお届け。ほかにも野球・サッカーなど気になるスポーツニュースを紹介!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

亀田の負け!具志堅氏断言、序盤KOも

亀田の負け!具志堅氏断言、序盤KOも
デイリースポーツ - 2009/11/29 9:28

 「WBC世界フライ級タイトルマッチ」(29日、さいたまSA)
 28日、東京・水道橋の後楽園ホール展示場で計量が行われ、王者・内藤大助は50・7キロ、挑戦者・亀田興毅は50・8キロでともに一発パスした。デイリースポーツ評論家の具志堅用高氏(54)が内藤-興毅戦を分析し、「内藤の王座防衛」を予想した。
  ◇  ◇
 私の予想では6対4で内藤が有利だ。私も経験したが、世界戦の緊張感は並大抵のものではない。まして、亀田は初めての日本人選手が相手。今までのような格下相手の試合とは全く異なる。試合当日は体がガチガチになり、体が思うように動かないだろう。
 その点、内藤は冷静に戦えるだろう。今回が6度目の防衛戦で、世界戦の雰囲気にのまれることはないと思う。それがキャリアというもので、内藤にあって亀田にはないものだ。1ラウンド目の動きは両者、明らかに違うはず。キャリアの差が出るだろう。
 内藤を有利としたもう一つの要素は、手数が多いこと。これまでの防衛戦を見ていても挑戦者よりも手数を出している。それが勝利へとつながっている。亀田が1発2発出しても、内藤は4発パンチを出す。経験上、手数の出る選手はここ一番で強い。
 内藤、亀田共にバッティングに関しての作戦を考えていると思う。内藤はカットしやすいから、試合途中でストップし、負傷判定ということもある。だから、2人とも1ラウンドからポイントを取りにガンガン行くだろう。「後半勝負」などとは言ってられないな。
 亀田は今回フットワークは使えないだろう。緊張で足が思うように動かないだろうし、その状態で12ラウンドはもたない。だから、今まで通りのファイタースタイルでくるだろう。内藤は変わらずのファイタースタイルだから、試合は足を止めての打ち合いになると予想する。
 試合のカギを握るパンチは、内藤は左右のストレート、サウスポーの亀田は右フックと左ストレートだ。亀田もパンチがある選手だが、現段階では、やはり内藤のキャリア、技術にはかなわないだろう。内藤が序盤でKOする可能性は十分にある。(デイリースポーツ評論家=元WBA世界ライトフライ級王者)
PR

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

スポーツ

スポーツ情報

ブログランキング

BS blog Ranking
にほんブログ村 格闘技ブログ 総合格闘技へ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ 人気ブログランキング ブログ王 ブログランキング ブログランキング

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

ログール

ソーシャルブックマーク

カウンター

ページランク

フィードメーター - スポーツニュース。。。主に格闘技!

  • seo

バーコード

おすすめ格闘技情報

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

ボクシング

K-1&総合格闘技

amazon

忍者ブログ

[PR]

TemplateDesign by KARMA