32歳西岡が初防衛/WBCSバンダム級 - スポーツニュース。。。主に格闘技! 忍者ブログ

K-1やボクシングなど格闘技系の話題を中心にお届け。ほかにも野球・サッカーなど気になるスポーツニュースを紹介!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

32歳西岡が初防衛/WBCSバンダム級

 プロボクシング・ダブル世界タイトルマッチ(3日、パシフィコ横浜、観衆=5000)WBC世界Sバンタム級王者・西岡利晃(32)が、挑戦者の同級7位ヘナロ・ガルシア(31)=メキシコ=を12回57秒、左アッパー8連打のTKOで破り、初防衛に成功した。32歳5カ月での防衛は、日本ジム所属で2番目の高齢記録。V2戦を日本人で初めて米国で開催するプランも浮上した。

 痛む左拳で挑戦者のあごを突き上げる。最終12回。頭を下げて突っ込んでくる相手に左アッパー6連打。逆襲をかわし再び左アッパー2連弾をたたき込むと、ガルシアの体が大きく揺らいだ。レフェリーが試合を止め、西岡のTKO初防衛だ。

 3回に右拳、終盤には左拳も相手の頭に当てて痛めたが、「ファンのためにも、倒したかった」と果敢に攻めた。4回に左アッパー、9回には左ストレートでダウンも奪う快勝だった。

 5度目の挑戦で世界王座を奪った苦労人は、前戦より胸囲が2センチ厚みを増しパワーアップ。葛西裕一トレーナーも「挑戦者は思った以上にタフだったが、西岡も進化している」と証言する。昨年1月から美帆夫人(27)と長女・小姫ちゃん(2)を兵庫の実家に預け、都内で“単身赴任”。9月の王座奪取後、2週間だけ家族だんらんの日を送ったが、10月から再びボクシングに専念した。

 クリスマスも正月も練習漬けだったご褒美は、ベルト持参で来月開く結婚披露宴だ。トランクスに妻子の名を刺繍(ししゅう)。試合後はリングに上がってきた小姫ちゃんに「パパ、世界チャンピオン、男前!!」とほめられ満面の笑みだ。

 V2戦は同級1位の最強挑戦者、ジョニー・ゴンザレス(メキシコ)との指名戦。帝拳ジム・本田明彦会長(61)はラスベガスかテキサス州を候補に「4月か5月」と、日本人初となる米国での防衛戦プランを練る。

 昨年大みそかにWBAフライ級の坂田健史(協栄)が、この日も小堀が敗れ、日本ジム所属の男子世界王者は過去最多タイの7人から5人に減った。悪い流れも断ち切った西岡は「やっと今、年が明けたんで、しばらく休ませて」と苦笑い。遅咲きのサウスポーはファンの期待を裏切らず、最強ロードをひた走る。


By サンスポ
PR

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

スポーツ

スポーツ情報

ブログランキング

BS blog Ranking
にほんブログ村 格闘技ブログ 総合格闘技へ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ 人気ブログランキング ブログ王 ブログランキング ブログランキング

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

ログール

ソーシャルブックマーク

カウンター

ページランク

フィードメーター - スポーツニュース。。。主に格闘技!

  • seo

バーコード

おすすめ格闘技情報

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

ボクシング

K-1&総合格闘技

amazon

忍者ブログ

[PR]

TemplateDesign by KARMA