一撃必殺!王者・西岡利晃3連続TKOでV3【動画映像あり】 - スポーツニュース。。。主に格闘技! 忍者ブログ

K-1やボクシングなど格闘技系の話題を中心にお届け。ほかにも野球・サッカーなど気になるスポーツニュースを紹介!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一撃必殺!王者・西岡利晃3連続TKOでV3【動画映像あり】

 世界ダブルタイトルマッチ(10日、代々木第2体育館、観衆=3200)一撃必殺だ! 王者・西岡利晃(33)が、挑戦者イバン・エルナンデス(26)のあごを粉砕し、3回終了TKO勝利で下し、3度目の防衛に成功した。3連続KO決着で、悲願のラスベガス進出へ弾みをつけた。

 会心の感触が拳に伝わる。3回2分過ぎ、挑戦者の右をかわした西岡が、左フックを相手の顔面にたたき込む。同回終了後、挑戦者のあごが骨折している疑いが判明し、そのまま棄権。この一撃で王座を守った。

 「結果的に防衛できてうれしいけど、スッキリしない内容だった」。晴れやかな笑顔はない。だが、33歳のベテラン王者は着実にフィニッシュブローに磨きをかけている。試合後、病院へ直行して検査を受けた相手は「下顎(かがく)骨骨折」と診断された。

 この試合では、王者に選択権のあるグローブを日本製よりナックル部が薄いメキシコ製を選んだ。左パンチの破壊力に自信があったからこそ。メキシコ製では、これで8連勝(7KO)だ。

 想定外のプレッシャーが押し寄せてきた。これまで27戦全勝だった、同じ帝拳ジムに所属するリナレスが試合直前によもやの1回TKO負け。同僚の悲痛な表情を見た。7月に後輩の粟生(あおう)隆寛(25)がWBC世界フェザー級王座から陥落。リングに向かう時点で、西岡がジムでただ1人の世界王者となっていた。「ボクシングは何が起こるか、わからない。試合に集中しようと思った」。これが8度目の世界戦。培った集中力が、わが身を救った。

 帝拳ジムは、元世界6階級制覇王者オスカー・デラ・ホーヤ氏(米国)が運営する、ゴールデンボーイプロモーション(GBP)と業務提携している。会場にはGBP関係者も訪れ、観戦。評価はさらに上昇した。V4戦の相手には元世界2階級王者ラファエル・マルケス(34)=メキシコ=が浮上。ビッグネームとの防衛戦なら、悲願のラスベガスでの試合も現実味を増す。「強い相手と闘って、ビッグファイトに挑戦していきたい」。また一歩、ボクシングの聖地へ近づいた。


PR

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

スポーツ

スポーツ情報

ブログランキング

BS blog Ranking
にほんブログ村 格闘技ブログ 総合格闘技へ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ 人気ブログランキング ブログ王 ブログランキング ブログランキング

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

ログール

ソーシャルブックマーク

カウンター

ページランク

フィードメーター - スポーツニュース。。。主に格闘技!

  • seo

バーコード

おすすめ格闘技情報

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

ボクシング

K-1&総合格闘技

amazon

忍者ブログ

[PR]

TemplateDesign by KARMA